第2話後編「決意宿る瞳」04

◇   ◇

「今晩、満月なのかな?」 夜空を見上げながら、ここねの少し前を歩くつきねが呟いた。 今いる公園内——目の届く範囲には二人の他に誰もいないけれど、時おり遠くから自動車が走る騒音が聞こえてくる。 「んー、そうかも」 ここねが今朝話題に上がった春の流星群を見ようと、つきねを誘い出したのだ。 春と言っても夜はまだ気温が低い。 つきねには暖かい恰好をさせている。 「この感じ、なんだか小さい頃お母さんに黙って遊びに行った時に似てるね」 「帰ったらすごく怒られて、次の日オヤツ抜きだった」 うんうんとつきねが頷いている。 「今回も怒られるよ、たぶん」 「それはバレる前に帰れば。そんな遠くじゃないし?」 ちょっとした高台があるこの公園は、鈴代家がある住宅街の近くにある。 「おねーちゃん。この辺にする?」 近くにベンチもあるが、ここねたちは立ったまま流星を待つことにした。 「うん。テレビで見た感じだと、そんないっぱい流れるわけじゃないし気は抜けないね」 高台を風が吹き抜ける。雲もなく、流星を見つけるには好条件と言えるはずだ。 ここねはつきねと、夜空を見上げた。 しばらく眺めていると、一条の星が視界を横切る。 「あっ! 始まった!」 咄嗟にここねが指をさす。 「おねーちゃん、願い事は決まってる?」 「もちろん!」 その瞬間——夜空に明るい光が走り抜ける。 ここねたちは祈るように手を組む。 (ここねからあの呪いを取り除けますように……! 私がつきねを守れますように!) ここねの願いは星に届いただろうか。 「つきねはどんなお願いをした?」 「おねーちゃんといっぱい楽しいことしたいって。歌をやりたいよ」 「そんなお願いなら、私が叶えてあげる。これから何度だって。——ずっと一緒なんだから」 ここねは嘘をつく。 「まず、つきねは病気を治さないとね」 音楽は——歌手はここねにとって叶えたい夢だ。 しかし、自分の夢と命を引き換えにしてでも、つきねの心臓から呪いを奪い去るとここねは決めたのだから。 ここねがつきねに一歩近づく。 「おねーちゃん?」  ——すると、世界から切り取られたかのような感覚に囚われる。

◇   ◇

次05

目次はこちら

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project