第2話後編「決意宿る瞳」04

◇   ◇

「今晩、満月なのかな?」 夜空を見上げながら、ここねの少し前を歩くつきねが呟いた。 今いる公園内——目の届く範囲には二人の他に誰もいないけれど、時おり遠くから自動車が走る騒音が聞こえてくる。 「んー、そうかも」 ここねが今朝話題に上がった春の流星群を見ようと、つきねを誘い出したのだ。 春と言っても夜はまだ気温が低い。 つきねには暖かい恰好をさせている。 「この感じ、なんだか小さい頃お母さんに黙って遊びに行った時に似てるね」 「帰ったらすごく怒られて、次の日オヤツ抜きだった」 うんうんとつきねが頷いている。 「今回も怒られるよ、たぶん」 「それはバレる前に帰れば。そんな遠くじゃないし?」 ちょっとした高台があるこの公園は、鈴代家がある住宅街の近くにある。 「おねーちゃん。この辺にする?」 近くにベンチもあるが、ここねたちは立ったまま流星を待つことにした。 「うん。テレビで見た感じだと、そんないっぱい流れるわけじゃないし気は抜けないね」 高台を風が吹き抜ける。雲もなく、流星を見つけるには好条件と言えるはずだ。 ここねはつきねと、夜空を見上げた。 しばらく眺めていると、一条の星が視界を横切る。 「あっ! 始まった!」 咄嗟にここねが指をさす。 「おねーちゃん、願い事は決まってる?」 「もちろん!」 その瞬間——夜空に明るい光が走り抜ける。 ここねたちは祈るように手を組む。 (ここねからあの呪いを取り除けますように……! 私がつきねを守れますように!) ここねの願いは星に届いただろうか。 「つきねはどんなお願いをした?」 「おねーちゃんといっぱい楽しいことしたいって。歌をやりたいよ」 「そんなお願いなら、私が叶えてあげる。これから何度だって。——ずっと一緒なんだから」 ここねは嘘をつく。 「まず、つきねは病気を治さないとね」 音楽は——歌手はここねにとって叶えたい夢だ。 しかし、自分の夢と命を引き換えにしてでも、つきねの心臓から呪いを奪い去るとここねは決めたのだから。 ここねがつきねに一歩近づく。 「おねーちゃん?」  ——すると、世界から切り取られたかのような感覚に囚われる。

◇   ◇

次05

目次はこちら

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project