第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」06

◇   ◇


久しぶりの姉妹カラオケ以降、ここねは時おりつきねを誘って息抜きに連れ出すことにしていた。 


もちろん、風邪などで体調を崩さないように万全の対策をしてだ。


毎回カラオケというわけではなく、ちょっとした買い物でつきねの好きそうな雑貨を見て回ったりすることもある。


今朝はつきねが日直当番らしく、家を出る時間がちょうど同じ頃になった。


ここねは甲斐甲斐しく、つきねにマフラーを巻く。


「おねーちゃん、この時期にマフラーはさすがに早いと思う……」


しゅるりとマフラーを外すと、つきねは簡単にたたんで鞄にしまう。


「いやいや、油断大敵! 風邪を引いたら喉にも良くないし!」


「そうだけど……それなら昨日のオラオケもあんまり良いとは言えないんじゃ……」


ここねは慌てて、弁解する。


「だ、大丈夫だよ! カラオケのマイクとかは店員さんがちゃんと消毒してくれてるから。頑張ってる店員さんを信じて……!!」


つきねと一緒に歌いたいという自分の願望が、妹に悪影響を与えたら……と考えると、ここねも気が気ではない。


必死なここねの姿に、つきねが噴き出す。


「ふふ。そこまで言うならおねーちゃんと店員さんを信じるよ。それにね、この前の小テストの結果すごく良くなったんだ」


「うんうん、その調子で頑張って」


「おねーちゃんこそ文化祭のほうはどう?」


「ばっちり順調に進んでるよー。昨日も準備したし」


「そうなの? それなら、つきねをカラオケに誘わなくてもよかったのに。そっちの方が大事でしょ」


少し申し訳なさそうに言うつきね。


「私、音楽もつきねもどっちも大事なんだ。だから、気にしない気にしない」


「うん。つきね、おねーちゃんが歌うの楽しみにしてるね」


◇   ◇


次6

目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project