第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」05

◇   ◇


その週の土曜日。美癸恋(みきこい)中学校近くのカラオケボックスには、マイクを握るつきねとメロディに合わせて体を揺らすここねの姿があった。


歌い終わったつきねに、ここねがパチパチと拍手を送る。


「私、つきねの歌声大好きー。艶があるって言うの? 聞いてて気持ちいい」


つきねはストローに口をつけて、喉を潤している。


「ふぅ……そ、そうかな? 自分の歌はそこまで分からないけど、つきねはおねーちゃんの歌ずっと聞いていたいくらい好きだよ」


次の曲のイントロが流れ出す。


ここねが入れておいたのは、今度の文化祭で歌おうと考えている一曲だ。


「この曲、文化祭で歌うんだっけ? 実は今日聴きたいなって思ってた」


以前につきねとパート分けして歌ったこともある。鈴代姉妹お気に入りの歌だ。


(せっかくつきねとカラオケに来たんだから、つきねと一緒に歌いたい!)


そう思って、ここねはつきねにマイクを差し出した。


「ほらほら、つきねもマイク持って?」


「え?」


マイクを受け取るもつきねは少し困惑気味で、


「……おねーちゃんが歌いたかったんじゃないの?」


「うん。つきねと歌いたかったの! だから――」


つきねが続いてくれることを信じて、ここねは歌い出す。


すると、すぐにつきねの歌声が聞こえてくる。


そして――二人の歌声が重なった。


つきねとのタイミングはばっちり合っていて、ここねは心地よさを覚える。


つきねの方をちらりと伺うと、楽しそうに調子を取っている。


(この感覚、最高っ! やっぱりつきねしかいない!)


ここねの歌うテンションも思わず上がってしまう。


その後もここねとつきねは二人で歌い続けた。


どの歌もそれがその楽曲のあるべき姿であるかのように。


◇   ◇


次5

目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project