第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」05

◇   ◇


その週の土曜日。美癸恋(みきこい)中学校近くのカラオケボックスには、マイクを握るつきねとメロディに合わせて体を揺らすここねの姿があった。


歌い終わったつきねに、ここねがパチパチと拍手を送る。


「私、つきねの歌声大好きー。艶があるって言うの? 聞いてて気持ちいい」


つきねはストローに口をつけて、喉を潤している。


「ふぅ……そ、そうかな? 自分の歌はそこまで分からないけど、つきねはおねーちゃんの歌ずっと聞いていたいくらい好きだよ」


次の曲のイントロが流れ出す。


ここねが入れておいたのは、今度の文化祭で歌おうと考えている一曲だ。


「この曲、文化祭で歌うんだっけ? 実は今日聴きたいなって思ってた」


以前につきねとパート分けして歌ったこともある。鈴代姉妹お気に入りの歌だ。


(せっかくつきねとカラオケに来たんだから、つきねと一緒に歌いたい!)


そう思って、ここねはつきねにマイクを差し出した。


「ほらほら、つきねもマイク持って?」


「え?」


マイクを受け取るもつきねは少し困惑気味で、


「……おねーちゃんが歌いたかったんじゃないの?」


「うん。つきねと歌いたかったの! だから――」


つきねが続いてくれることを信じて、ここねは歌い出す。


すると、すぐにつきねの歌声が聞こえてくる。


そして――二人の歌声が重なった。


つきねとのタイミングはばっちり合っていて、ここねは心地よさを覚える。


つきねの方をちらりと伺うと、楽しそうに調子を取っている。


(この感覚、最高っ! やっぱりつきねしかいない!)


ここねの歌うテンションも思わず上がってしまう。


その後もここねとつきねは二人で歌い続けた。


どの歌もそれがその楽曲のあるべき姿であるかのように。


◇   ◇


次5

目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」06 (第一部完)

◇   ◇ 力が抜けたここねの身体をつきねは抱き留める。 「痛かったよね……」 そのままつきねは一度だけここねを強く抱きしめた。 しかし、のんびりしている時間はない。 つきねはここねの左胸を注視していると、黒い何かがそこにあるのだと直感した。 ここねの日記に書いてあったように、つきねは腕をここねの中で渦巻く黒い靄に向かって伸ばしていく。 「! ……来たっ」 鍵がどこからともなく掌中に現れたこと。

第4話後編「決められた運命に逆らって」05

◇   ◇ ここねが次に目を覚ますと、そこは無音の世界だった。 美癸恋(みきこい)町の中心街——その抜け殻のような場所に飛ばされるのも、中学生の時から数えてこれで四度目だ。 道端には駐車されたままの自動車が数台。 新商品やセール中を知らせる幟も見える。 しかし、ここには街しかない。人がいない。 ふと紅い月の禍々しい光が照らし作り出した影が一つ揺れる。 アーティストのステージ衣装さながらのいで立ちを

第4話後編「決められた運命に逆らって」04

◇   ◇ 春頃に比べて日が伸びたといっても、つきねが帰り着く頃にはすっかり暗くなっていた。 ドライヤーで乾かし終わると、つきねは髪をブラシで数回撫でる。 「ふぅ……これでいいかな?」 入浴後で、つきねは身も心もサッパリした気分だ。 やることも決まり、迷うのをやめた。 迷っていては大好きなものが消えてしまうかもしれないから。 数え切れないほどこの土地に生まれ暮らしてきた姉妹たちを、死に追いやった『

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

© CocoTsuki Project @NePRO