第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」03

◇   ◇


つきねは軽音部が創設された日のことをよく覚えている――


その日、ここねは家に帰って来るなり、


「つきねつきねつきねつきねぇ~~!!」


喜色満面でつきねの部屋にやってきた。


「ど、どうしたの……おねーちゃん!?」


「聞いて聞いて。私、部長になっちゃいましたー! 軽音部の部長!」


「やったね……おめでとう、おねーちゃん!」


「このために辛い受験勉強も頑張ったからね。これで夢へ着実に一歩前進だー」


この時のここねの笑顔は、高校合格発表の時よりも嬉しそうでキラキラ輝いていた。


そして今、ここねは軽音部と共に、夢に向かって進んでいる。


歌手になるというはっきりとした夢。


それを実現させるための一歩を踏み出せる姉につきねは憧れを抱いていた。


自分にはまだ明確な夢や目標がない。だからつきねの目には一層鮮明に輝いて映る。


つきねは目標に向かって頑張るここねを応援したいと心から思った。


「文化祭、絶対に見に行くよ、おねーちゃん」


つきね自身、来年受験する予定の音咲高校の文化祭には、学校見学がてら行こうと思っていたが、ますます楽しみだ。


「なら一緒に見て回ろう、色々案内するよ」


「すごく助かる……行くの初めてだし一人で回るの少し不安だなぁって思ってたから。でも、当日の準備とかはいいの?」


「つきねと一緒に文化祭を回るのは準備みたいなもんだから!」


「すぐ適当なこと言う……でも、すごく楽しみ」


ぐぅ~と小さな音がここねのお腹あたりから聞こえてきた。ここねがお腹を手で軽く抑える仕草を見せる。


「お腹減ってたの忘れてた~。今日のご飯、何? つきねはもう食べた?」


「ううん。おねーちゃんと一緒に食べようと思って。そして今日のメインはお母さん特製のふわふわつくねだよ!」


「近頃、つきねの好物多くない?」


「去年はカレーの頻度すごく高かったからおあいこだよ。カレーじゃないとパワーが出ないーって」


「だって、カレーは主食だし。ちょっと手洗ってくるね、もう少し待っててー」


「あ、着替えてきていいよ」

「分かったー」


ここねがリビングを出ていくと、つきねは二人の茶碗と箸を用意するため、キッチンのほうに向かった。


◇   ◇


次3


目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project