第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」02

◇   ◇


つきねはジト目になると、すぐに事実を確認してくる。


「本当のところは?」


悲しいことに、最愛の妹はここねの言葉を少しも信じていなかった。


ここねもすんなりと白状する。


「まねがいつの間にかやってくれてました。なんかね、人数も少ないし機材とかの準備もそんなに手間はかからないから、軽音部に少し時間をくれませんかって交渉したみたい」


桜ヶ丘まねは中学校からの付き合いで、音楽を歌をやりたいというここねの夢をバックアップしてくれる大切な友人だ。音咲高校に入ってからも軽音部を作るのに協力してくれた。


その働きぶりはまさに敏腕マネージャーと言っていい。


今のところ音咲高校軽音部は、ここねとまねのたった二人で構成されている。


「まね先輩さすが」


つきねは感嘆の声を漏らした。


「うんうん、少数精鋭たる軽音部の強みだよね!」


「部員が少なすぎて、最初ステージ確保できなかったんでしょ……?」


「いいのいいの、私の軽音部は。今はこれで」


と、ここねは笑いながら言う。


(私の軽音部……かぁ)


つきねは姉の言葉を心の中で繰り返した。


さっき口にしていたように音咲高校の軽音部の創設者・発起人は、姉のここね自身だ。


入学してすぐにここねは、軽音部を作るために動いた。部活動申請書を作成するために、顧問になってくれそうな教師も探したそうだ。もちろんこの時もまねに手助けしてもらいながらだが。


幸い音咲高校は生徒に機会を与えるという方針で、申請条件が緩めだった。だから部として認められたが、その代わり活動はきっちり真面目にしなければならない。


ただ、その点に関してつきねは心配していない。


◇   ◇


次3

目次



最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project