第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」09

◇   ◇


つきねはその手を見つめる。


手を取らずに断ることだって、つきねにはできた。そもそも生徒でもない人間がステージに立つこと自体、校則違反なのだから。つきねが「やっぱり無理だよ」と、そう言うこともできた。


けれど――


つきねは、躊躇いながらも、ここねの手を取った。


「本当に……おねーちゃんは強引だよ。うまくできなくても、知らないからね」


「大丈夫、絶対に成功するよ。私が保証する」


ここねの言葉を聞くと、つきねはステージに立つことへの恐怖感が、少しだけ和らいだ。


おねーちゃんの言葉には不思議な力があるよねと、つきねはそう思った。


「カラオケの時、何回もデュエットにしようって言ってきたからなんか変だなーって思ってた。つきねの練習だったんだね」


ここねは少しだけバツが悪そうに頷いた。


「ばっちり似合ってる! 可愛い可愛い、つきね最高!」


「ほ……本当?」


本来ならば数か月後――入試に合格した後に着る音咲高校の制服に、つきねは身を包んだ。まねの制服なので少しサイズが合っていないが、ここねの言葉に嘘はない。


現在、ここねとつきねは体育館の緞帳の内側で待機している。


時間が来たら音楽は伴奏代わりにCDがかかるように、まねに頼んである。


「歌うのは二曲だけだから。思いっきり楽しもう!」


「うん」


頷いたつきねの瞳に不安の色は薄いが、緊張しているのは隣にいるだけでここねにも伝わってくる。


開演時間が来て、ゆっくりと緞帳が上がった。


ステージの縁の向こうには、大勢の音咲高校の生徒がいる。数百人はいるだろう。生徒たちの多くは、ステージ上に立つここねとつきねに注目している。


つきねはこれほど多くの人から、注目されたことがない。


さっきまで少しだけ和らいでいた緊張と恐怖が、再びつきねを呑み込んでいく。


脚が震える。息がうまくできない。


(あれ……? つきねは……なんでここにいるんだっけ……?)


つきねの思考が混乱する。目の前にはスタンドマイク。


歌う? こんなに大勢の人の前で?


怖い。怖い。怖い。怖い。そんなことできるわけがない。


脚が震えて力が入らなくなって、つきねはその場に座り込もうとした。


◇   ◇


次10

目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project