第1話後編「はじめの一歩。そして一足先に」08

◇   ◇


つきねが望んだのは軽音楽部の部室。


現在使われていない教室を使用しているので、普段は特に目を引くようなものはない。


しかし、


「え? まね先輩……何してるんですか?」


足を運ぶと、赤いジャージ姿の桜ケ丘まねが音咲高校の制服を畳んでいた。


「え? つきねちゃん……何も聞いてないの?」


「あれー? 歌詞どこに置いたか、まね知らない?」


つきねとまねが二人同時にここねを見る。


「あの……おねーちゃん?」


ここねはCDに付属していたリーフレット見つけ、つきねに渡す。


「あったあった! はい、本番前に歌詞確認しとこ。あ、それより歌を聴く方がいい?」


「いやいやいや……! 本当につきねちゃんに説明してないの!?」


まねが詰め寄ってくる。


「だって、文化祭のステージで一緒に歌おうなんて言ったら、つきね来てくれないかもしれないし」


「そうかもしれないけど……」


とまねが頭を押さえながら、ため息をつく。


不安げな表情でつきねが尋ねてくる。


「……ほんとにつきねも文化祭のステージ出るの…?」


「大丈夫大丈夫! 可愛いから許される!」


「や、つきね中学生なんだけど……」


「平気平気! 可愛いから!」


「……高校の文化祭だよ?」


「可愛いから!」


「はぁ……」


「つきねは歌もうまいし、心配ないって」


「そこ以外に心配がいっぱいあるんだけど……」


実はね、とまねが説明を始める。


当然のことだが、学校側に提出した書類ではここねとまねが歌うということになっており、まねの代わりにつきねに歌ってもらうという計画を進めていた。まねも鈴代姉妹の歌を大好きで、無茶と分かっていながら協力してしまった、と。


そしてつきねに制服を貸すため、まねは今ジャージを着ている。


「まね先輩も共犯者だ……!」


「ごめんね……! もしもの時はつきねちゃんの代わりに私が怒られるから」


まねは拝むように手を合わせ、つきねにちょこんと頭を下げる。


「あ、怒られる時は私の分もお願い!」


「ここねちゃんは一緒に怒られてよ!? 首謀者でしょ!」


反射的にまねがパシリとここねの肩を軽く叩いた。


ここねとまねのやり取りを見て、思わずつきねは笑ってしまう。


しかし、問題はステージだ。大勢の人の前に立って歌うなんて、つきねにはとてもできそうもない。


「行こう。一緒に歌おうよ、つきね」


ここねは、つきねに手を差し出した。


◇   ◇


次8

目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project