第1話前編「クローバーに約束を」07

◇   ◇


すぐ側につきねが立っていた。つきねも一瞬少し驚いた表情を浮かべていたが、


「卒業おめでとう、おねーちゃん」


「ありがとう~! 本日鈴代ここねは中学校を卒業しちゃいました~!」


元気いっぱいな感じで応じると、ここねは疑問を口にした。


「でも、どうしてこんなところにいるの? つきねの教室こっちじゃないでしょ?」


「なんとなくだけど、こうしてたらおねーちゃんに会える気がして」


「ふふ、何それ? 普通教室に来ない?」


偶然会えて、ここねはなんだか楽しい気分になっていた。


「そうだけど、こうして会っちゃってるし……それにね」


「ん?」


「教室に行ったら、まね先輩たちいると思って。おねーちゃんに……伝えたいことがあるから」


つきねが真剣な面持ちでここねの瞳を見つめてくる。


真摯な眼差しと緊張で微かに震えた声が漂わせるこの雰囲気に、ここねは既視感があった。


以前に告白してきた同学年の男子と同じだ。そんな気がした。


「待っ……つき――」


「毎日、起こしてくれてありがとう」


つきねが言葉を続ける。


「毎朝、髪の毛きれいに編んでくれてありがとう」


もう一つ言葉が重なる。


「いつもどんな時でも、つきねの味方してくれて……ありがとう」


それはどれも姉であるここねにとっては当たり前のことだ。

しかし、つきねにとってはとても大切なことであるかのように。


「…………」


「いきなりでビックリしたよね。でも、絶対伝えたくて。家だと恥ずかしくて言えない気がしたから……」


照れくさそうに一度視線をそらすつきねだが、またすぐ笑顔を向けてくる。


「高校生になったら、おねーちゃんには夢に向かって頑張ってほしいんだ。一緒の時間は減っちゃうと思うけど……つきねは大丈夫だから!」


ここねの歌手になるという夢を応援してくれる。そのために軽音楽部を作って活動するというここねの目的をつきねは誰よりも知っているから。


嬉しい。大好きなつきねが後押ししてくれる。


絶対に夢を叶えたい。


それでも――


「おねーちゃん?」


ここねは思ってしまった。


――つきねとずっと一緒にいたい。


◇   ◇


次08


目次


最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」06 (第一部完)

◇   ◇ 力が抜けたここねの身体をつきねは抱き留める。 「痛かったよね……」 そのままつきねは一度だけここねを強く抱きしめた。 しかし、のんびりしている時間はない。 つきねはここねの左胸を注視していると、黒い何かがそこにあるのだと直感した。 ここねの日記に書いてあったように、つきねは腕をここねの中で渦巻く黒い靄に向かって伸ばしていく。 「! ……来たっ」 鍵がどこからともなく掌中に現れたこと。

第4話後編「決められた運命に逆らって」05

◇   ◇ ここねが次に目を覚ますと、そこは無音の世界だった。 美癸恋(みきこい)町の中心街——その抜け殻のような場所に飛ばされるのも、中学生の時から数えてこれで四度目だ。 道端には駐車されたままの自動車が数台。 新商品やセール中を知らせる幟も見える。 しかし、ここには街しかない。人がいない。 ふと紅い月の禍々しい光が照らし作り出した影が一つ揺れる。 アーティストのステージ衣装さながらのいで立ちを

第4話後編「決められた運命に逆らって」04

◇   ◇ 春頃に比べて日が伸びたといっても、つきねが帰り着く頃にはすっかり暗くなっていた。 ドライヤーで乾かし終わると、つきねは髪をブラシで数回撫でる。 「ふぅ……これでいいかな?」 入浴後で、つきねは身も心もサッパリした気分だ。 やることも決まり、迷うのをやめた。 迷っていては大好きなものが消えてしまうかもしれないから。 数え切れないほどこの土地に生まれ暮らしてきた姉妹たちを、死に追いやった『

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

© CocoTsuki Project @NePRO