第1話前編「クローバーに約束を」04

◇   ◇


つきねの髪を整え終えた後、ここねはつきねと一緒に家を出て通学路を歩く。


校庭に植えられた桜の花びらが道端に数枚か落ちている。学校までもう少しだ。

ここねが今まで何百回と通ったこの道。これからもこの通りを使うことはあるだろう。だが、中学校まで行くことはほとんどないはずだ。


「つきねと中学行くのも最後なんだよねー」


「うん……これからつきね独りで学校行くんだなぁ……」


つきねがボソッと呟いた。


「あ、ごめんね。また変なこと言って……」


入学して以来ほぼ毎日一緒に通っていたから、つきねがそう思うのは仕方ない気がする。


音咲高校に行くのはすごく楽しみだけれど、妹と同じ気持ちになった。


「そんなに学校に行くのが不安なら、家を出る時にぎゅ~~っておねーちゃんパワーを充電してあげよう!」


「それ、おねーちゃんがつきねとハグしたいだけだよね?」


「私もつきね欠乏症を予防できて、まさにウィンウィンの関係!」


「ウィンウィン……かなぁ? あ。見て、校門のところ。看板立ってるね」


美癸恋(みきこい)中学校という銘板の隣には、『卒業式』と書かれた白い看板が立っている。紙で作られた紅白の花で飾られていた。そんな看板を目の当たりにすると、改めて卒業を意識させられてしまう。


「そう言えば私、おねーちゃんの入学式の時、校門まで一緒に来た気がする。どうしてだっけ?」


「お姉ちゃんについてくー! ってつきねがダダこねたからじゃない?」


「あ! 思い出した。おねーちゃんがすごく緊張してたからついていったんだよ」


「そうだったかな~? 覚えてないな~?」


そうとぼけながら、しかしここねも覚えていた。姉がガチガチに緊張していることを心配したつきねが、両親と一緒についてきてくれたのだ。


その時のつきねはランドセルを背負っていて、だいぶ背が小さかった。


しかし今、隣を歩くつきねは、ここねと同じくらいの背丈だ。まだかろうじてここねは、背の高さを追い越されていない。なんとか姉の威厳は保てているはずだと思う。


「それじゃあ、おねーちゃん卒業式頑張ってね」


「頑張るほどじゃないけどねー」


◇   ◇


次05

目次

最新記事

すべて表示

第4話後編「決められた運命に逆らって」01

◇   ◇ 日曜の昼下がり。 ここねが階段を降りていくと、玄関で靴を履いているつきねの姿が途中で見えて、足を止めた。 デニムパンツと七分袖くらいのTシャツで、動きやすそうな格好をしている。 今日は雲も少なくて、雨の予報もない。 きっとつきねはこの間話していた神社に行くつもりなのだろう。 そんなことを考えていると、つきねはドアを開け、行ってしまった。 「何してんだろ……私」 ここねはため息をついた。

第4話前編「二人なら望む未来へ」05

◇   ◇ 昼休み中、つきねは校舎の廊下を歩いていた。 空は昼なのに薄暗く、窓は少し雨雫で濡れている。 飲み物を買いに自動販売機を目指しているところだが、片手でスマートフォンを確認する。 ここねからのメッセージはない。 (おねーちゃん……大丈夫かな。) 見るからにここねは衰弱している。 少しの間の会話でも苦しそうに顔を歪めていることがある。 顔色は悪く薄っすらだが目の下にクマもできていて、活発な姉

第4話前編「二人なら望む未来へ」04

◇   ◇ つきねの歌声がここねを包んだ。 柔らかく温かい——それでいて、力強い声音。 美しい旋律と調和した歌は、ここねを励ましてくれる。 心地よくて嬉しくて、ここねは小さくハミングを重ねる。 (本当はつきねと、歌いたい……) 以前歌おうと軽音部の三人でリストアップした曲だ。 もし呪いなんてものがなければ、二人で歌っていたはずで、ここねは少しだけ悔しい。 つきねがこの歌をしっかり練習したというのが

ココツキオリジナル小説

 『月ノ心ニ音、累ナル。』

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

© CocoTsuki Project