第1話前編「クローバーに約束を」01

    ◇   ◇


    窓の外には白い月が浮かんでいた。


    まん丸のお月さま。普通の満月。


    平穏に暮らしていけば、これからも数えきれないくらい見ることができるはずだ。


    視線を落とすと、鈴代ここねの手には開いたままの日記帳がある。


    以前書いていたここねの日記。小さな鍵がついていて、昔ながらの鍵穴に差し込むタイプだ。


    パラパラとめくってみると、たくさん書いてある日と少ししか書いてない日がある。


    日記をつけなかった日もあったりして、たまに日付が飛んでいる。


    「つき」という文字がやたらと目に付くのは仕方ないことだと、ここねは諦める。


    もとよりプライベートなものだ。好きに書けばいいし、その時々に思ったことを書き残しただけだ。


    ここねは大丈夫だと分かっていながら、もう一度窓の外を見る。


    さきほどと変わらず、黒い夜空に白い月が一つ。


    部屋の電灯を消せば、きっと柔らかい光が差し込むことだろう。


    ここねが日記帳を閉じた。


    ……もうあの紅い月を見ることはないのだから。


    ◇   ◇


    春のような陽気の中、河原で鈴代ここねは妹のつきねと四つ葉のクローバーを探していた。


    どうしてだか理由もはっきりしない。


    つきねは地面を覆うほど群生する白詰草を真剣に睨んでいる。見つけた者に幸福をもたらすと言われるクローバーを見つけるために。


    その真剣な顔すら愛おしく思い、ここねは我がことながら姉バカを痛感する。


    「……なかなか見つからないね」


    「そ、そだねー……」


    何となくつきねの顔を見てたから探してないとは言えず、ここねは下を向いて探す振りをした。


    「おねーちゃんは四葉のクローバーの花言葉って知ってる?」


    「幸運とか、ラッキーとかそんな感じ?」


    ラッキーアイテム的なイメージから、ここねはそう答える。


    すると、つきねは珍しく悪戯っ子っぽく微笑んだ。


    「ぶぶー。おねーちゃんハズレ」


    「花言葉とか詳しくないしー」


    つきねは大事な秘密を教えてくれるかのように、そっと告げた。


    「正解は……『真実の愛』なんだって」


    ◇   ◇


    次02


    目次へ

    ココツキオリジナル小説

     『月ノ心ニ音、累ナル。』

    • ホワイトYouTubeのアイコン
    • ホワイトTwitterのアイコン

    © CocoTsuki Project